img
img
2021.04.30 Q&A

よくある質問 (FAQ)

 

【SIGLOCに関する質問】

Q. SIGLOC(ソーシャル・イノベーション研修)に参加するには、どれぐらいの英語力が必要ですか?
A. SIGLOC期間中は、海外の学生と英語だけでコミュニケーションします。実践的な英語力が必要です。

 

Q. SIGLOC(ソーシャル・イノベーション研修)の費用はいくらぐらいかかりますか?
A. 開催地までの航空運賃実費と研修期間中の宿泊費、食費のほか、3万円程度の研修実費が必要です。奨学金が支給される場合もあります。
オンラインによる研修 (SIGLOC-online) の場合は、上記の費用は掛かりませんが、接続に関する諸経費が必要です。

 

Q. SIGLOC-onlineは、ほとんどの活動を非同期で行うということですが、同期で作業をするのはどのくらいの割合になるのか教えてください。
A. 「非同期・同期」の割合について、タスク自体は非同期での作業が中心になります。海外の学生との時差がありますので、メンバーと同期で直接ディスカッションをするなどの必要がある場合は、メンバー同士でスケジュールを調整していただきます。従って、現段階では、いつ・どのぐらい同期の作業があるか、ということについては明確にお答えができません。
ただし、一人のタスクが終わらないと他のメンバーのタスクの取組みに影響が出るプログラムになっています。決められたスケジュールに従って、各自でタスク(調べる、メンバーの調査結果にコメントを入れる、メンバーからの質問に答える…など)にタイミングよく取り組んでいただくことが望まれます。
自主的な取組みが何よりも大切なプログラムです。時間を見つけてタスクに取り組んでいただくことになりますが、ご自身で無理のないスケジュールが組めるようであれば、ぜひ挑戦してみてください。

 

Q. SIGLOC-onlineについて、1日どのくらい活動するのでしょうか。
A. 取組み時間については、一日平均6時間程度を目安に計画しています。グループごとに他国の学生とワークスケジュールを決めて作業しますので、その日の課題内容によってばらつきがあり4時間程度で終了する日もあれば8~10時間かかる日もあると考えてください。
過去のSIGLOCの実施例については、SIGLOCのページをご覧ください。→クリック

 

【ソーシャル・イノベーション (SI) コースに関する質問】

Q. ソーシャル・イノベーション (SI)コースについて知りたい。
A. SIコースは、大阪市立大学の学生だけが履修できるコースです。
Q&Aはこちらをご覧ください。→クリック

 

【米国・アンドリュース大学長期交換留学に関する質問】

Q. 海外留学に興味があります。何回生で行くのが良いでしょうか。
A. 学年が上がるほど授業との兼ね合いが難しくなるので低学年のうちの方が対応しやすいと思われます。

 

Q. 単位互換科目を教えてください。
A. 米国アンドリュース大学への長期留学(4か月)について回答します。現時点では、単位互換が可能な科目はありません。先方が認めればどんな科目も受講はできますが、本学の単位への読み替え(互換)は今のところできません。

 

Q. コロナ禍ですが海外留学に行くことは可能ですか。

A. 2020年度春以降は、残念ながら、コロナ禍の影響でほとんどがキャンセルか、「学内選抜に合格しても実際には渡航中止の可能性が高い」状態での募集となっております。
渡航できない場合でも、COVID-19の影響を受けない完全オンライン・プログラム「SIGLOC-online」を実施していますので、そちらのご参加をご検討ください。

その他、アンドリュース大学およびSIコースのプログラム以外の本学における留学情報については、国際センターに(杉本キャンパス学生サポートセンター2階)に直接お越しいただくか、メール (kokusai@ado.osaka-cu.ac.jp)にてお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ