ソーシャルイノベーションコース
ソーシャルイノベーションコース

Social Innovation (SI) Course

This course will cultivate future social innovators that work with the government, NPOs or corporations and creative individuals who are self-motivated, problem-solvers that find solutions to issues in society regardless of whether or not they are globally-oriented.

abilities

  • Discover

    Discover

    Through discussions with overseas students on social issues and their history, culture and background, students will enhance the ability to discover the core of those issues.

  • Create

    Create

    Students will cultivate the ability to place issues in a new context and find creative solutions - producing new products, services and systems.

  • Implementation

    Implement

    Students will be able to implement creative solutions by transcending barriers that prevent collaboration between people in government, NPOs, corporations and local communities.

program 実施プログラム

ソーシャルイノベーション研修 ソーシャルイノベーション研修
01

SIGLOC (Socially Innovative Global Classroom)

This is a unique intensive collaborative program with overseas students, which is the final step in learning how to find practical solutions to global and local social issues.

READ MORE
国際協働演習 国際協働演習
02

International Collaborative Workshop

Students will discover issues in society within context and deepen their knowledge about social issues such as multiculturalism, different cultures, society and nature. This will enable them to cultivate their ability to find creative solutions through logic and awareness. They will enhance the ability to explain what is happening in Japan to overseas students and question them in order to understand what is happening in the world, by discussing the same theme with overseas students.

海外の学生と共に学ぶために必要な科目 海外の学生と共に学ぶために必要な科目
03

Subjects required for studying
with overseas students

●A group of subjects to gain "systematic knowledge"

Students will develop the ability to identify social problems and their context, deepen their knowledge about social issues (e.g., multiculturalism, different cultures, nature, etc.) and solve them through logic and awareness.

●A group of subjects to acquire "skills"

Students will be able to acquire English writing and speaking skills in order to accurately convey in English what they want to convey in Japanese.

TAKING SI COURSE

BENEFITS

  • 全学年が対象

    Students in any
    year of study

    Students in any department and in any year of study can take and the SI Course. Take classes in a planned manner!
  • 事前の登録不要

    Pre-registration
    not required

    If you choose the classes designated for certification, you can always aim to complete the SI Course.
  • 一部の履修も可能

    Class-only option

    Although students will not be certified, they can freely take the classes/ educational trips such as “International Collaborative Workshop” and “SIGLOC.”

COMPLETION REQUIREMENTS

For the Social Innovation (SI) Course completion qualification, all four conditions listed below must be met. Please complete the registration on your own within the certification application period set for each semester.

  • 1

    「“体系化された知識”を学ぶ科目群」から5科目の単位を取得し、さらに「ソーシャル・イノベーション入門」の単位を取得する。 「“体系化された知識”を学ぶ科目群」→こちらをクリック下さい

  • 2

    「“スキル”を習得する科目群」から4科目の単位を取得する。 「“スキル”を習得する科目群」→ こちらをクリック下さい

  • 2

    「国際協働演習」の単位を取得する。

  • 2

    SIGLOC(ソーシャル・イノベーション研修)を修了する。

FAQ

  • Q Can I take the SI Course with my other minor(s)?

    できます。あなた自身で適切に時間割を組んでください。

  • Q Can graduate students also take classes offered in the SI Course?

    SIGLOCには参加できますが、SIコースの科目の履修やコース修了認定はできません。

  • Q Is the SI course a one-year program? When can I take the course?

    このコースは期間はありません。また、事前登録も必要ありません。 SI修了要件を満たしたのちに、コース修了認定の申請して下さい。

  • Q I would like to take an SI course, should I take it in the 1st or the 2nd year of my undergraduate course?

    SIコース認定は事後に行いますので、いつからでも開始できます。 ご自身の時間割や学修計画によるので一概には言えませんが、SIコースの標準的な履修モデルとしては概ね2年間かけて必要単位を取得することを想定しています。

    所定科目の開講状況(開講の時期や時間割)、所属学部のCAP制等を含めたカリキュラムに照らして、計画的に履修してください。

  • Q I want to know the specific start date and time of the first term (deadline for submitting assignments for online lectures, examination schedule, etc.) intensive lecture "Introduction to Social Innovation Course", regarding the completed subjects of the SI course.

    ・「SI入門」(集中・遠隔)の開講期間についてはWebサイトでご確認ください。時限は1~4限の間で1日3コマの予定です。

    ・課題提出期限は、基本的に配当の授業時間中を予定しています(但しオンデマンド型の集中講義なので、場合によっては変更するかもしれません)。

    ・試験についても、基本的に配当の授業時間内にオンラインで実施の予定です。 詳細は決まり次第担当教員からWebClass上で通知しますが、基本的に集中講義の週は学修時間を確保しておいてください。

  • Q Are the required subjects in the SI course counted as general education subjects and are there any restrictions? If so, I will not be able to take the courses I really need ...

    履修制限に関する制度は学部によって異なります。学部の必修科目とSIコース科目となっている全学共通教育科目を同時に取れない場合、学部の科目を優先して下さい。

    SIコースは数年かけて履修することができますので、制限内で一定期間(場合によっては数年)をかけて計画的に受講してください。

  • Q I can't find details such as where to submit the report for pre-registration assignments.

    WebClassの一番の枠外に「その他のコース」というものがあり、その「英語教員用」という欄にSocially Innovative Global Classroom (SIGLOC)という科目が2つありますので、そちらをご参照ください。

  • Q I would like to take SIGLOC intensively in the second semester. I’m supposed to take a set with Field Research, but what if there is no Field Research in the second semester?

    Field Researchとセットで履修する必要があるのは、前期集中(9月)のみです。 前期集中(8月)および後期集中のSIGLOC(3月)は単独で履修できます。

  • Q I want to know more about the SI Course.

    こちらからパンフレットをダウンロードできます。 → クリック

    こちらから説明動画をご覧いただけます。 → クリック(動画が始まります)。

  • Q Is it possible for a student from a non-partner university to participate in SIGLOC?

    はい! 大阪市立大学の協定校・非協定校を問わず海外からの留学生は大歓迎です。

    (*日本国内では、大阪市立大学、大阪府立大学、大阪府立大学工業高等専門学校の学生のみ参加可能です。)

  • Q I am a Japanese who is studying at a university overseas. Is it possible to participate in the SIGLOC-online program?

    もちろん応募を歓迎いたします。 外国の大学に正規に所属している大学生でしたら国籍に関わらずSIGLOC-onlineに参加可能です。

  • Q What level of English language proficiency is required to participate in SIGLOC?

    SIGLOCG期間中は、海外の学生と英語だけでコミュニケーションします。実践的な英語力が必要です。

  • Q How much does SIGLOC (educational trip) cost?

    開催地までの航空運賃実費と研修期間中の宿泊費、食費のほか、3万円程度の研修実費が必要です。奨学金が支給される場合もあります。

    オンラインによる研修 (SIGLOC-online)の場合は、上記の費用は掛かりませんが、接続に関する諸経費が必要です。

  • Q SIGLOC-online means that most activities are done asynchronously, but how often do I work synchronously?

    「非同期・同期」の割合について、タスク自体は非同期での作業が中心になります。海外の学生との時差がありますので、メンバーと同期で直接ディスカッションをするなどの必要がある場合は、メンバー同士でスケジュールを調整していただきます。

    従って、現段階では、いつ・どのぐらい同期の作業があるか、ということについては明確にお答えができません。 ただし、一人のタスクが終わらないと他のメンバーのタスクの取組みに影響が出るプログラムになっています。決められたスケジュールに従って、各自でタスク(調べる、メンバーの調査結果にコメントを入れる、メンバーからの質問に答える…など)にタイミングよく取り組んでいただくことが望まれます。

    自主的な取組みが何よりも大切なプログラムです。時間を見つけてタスクに取り組んでいただくことになりますが、ご自身で無理のないスケジュールが組めるようであれば、ぜひ挑戦してみてください。

  • Q How long do I have to work on SIGLOC-online per day?

    取組み時間については、2週間プログラムの場合、一日平均6時間程度を目安に計画しています。グループごとに他国の学生とワークスケジュールを決めて作業しますので、その日の課題内容によってばらつきがあり4時間程度で終了する日もあれば8~10時間かかる日もあると考えてください。

    過去のSIGLOCの実施例については、SIGLOCのページ(http://www.coil.osaka-cu.ac.jp/training)をご覧ください。→クリック

  • Q In the SIGLOC application form, which GPA score should we fill in? Is it the cumulative one or only the last semester one?

    最新学期の成績を含む累積 GPA が望ましいです。 最新の学期の成績がまだ入手できない場合は、前学期までの累積 GPA を提出してください。

  • Q Is it possible to receive a certificate of completion in a hard copy after finishing the SIGLOC?

    修了証は無料で電子発行いたします。

    ご要望に応じて、印刷版の証明書をお送りすることも可能です。その際の送料は受取人負担となります。

  • Q I would like to know about the classes that the COIL Promotion Office offers at OCU?

    大阪市立大学 COIL推進室が提供する科目は、こちらの表をご参照ください。Click

    なお、COIL推進室は海外協定校と協働してCOIL型授業も開講しています。 大阪市立大学が提供するCOIL型授業の一覧についてはこちらでご覧いただけます。> Click  

  • Q What kind of classes are offered for the Long-term Exchange Study Abroad Program?

    留学生受け入れコースについては、こちらの表をご参照ください。> Click