ソーシャルイノベーション研修
ソーシャルイノベーション研修

SIGLOC (ソーシャルイノベーション研修)

Socially Innovative Global Classroomの略称です。年3回・約2週間、海外の学生と行う協働研修で、アメリカ・日本・オンラインのいずれかで実施します。

PROCESS 研修の流れ

大阪市立大学生と海外大学生とが4名程度 の小グループをつくり、グループ単位で研修に臨みます。インターンシップ先は、行政やNPO、地域ボランティア団体などであり、研修先に関わる社会問題について学習、調査、考察し、最後にイン ターンシップ先でプレゼンテーションを行います。この研修で提案された解決策のいくつかは、研修後に社会実験として実現しています。
1 事前キャンプ

事前キャンプ

・インターンシップ先に関する基礎知識(社会制度や歴史、経緯)を得る
・その分野について海外の学生と討論し国際比較をする
2 インターンシップ前半

インターンシップ前半

・現場に入り知識を経験に変える
・海外の学生と共に現場を観察し課題を探る
3 中間キャンプ

中間キャンプ

・海外の学生と気づきを共有し、意見を交換して課題を発見する
・課題解決に向けた仮説を提案し、その検証方法を考える
4 インターンシップ後半

インターンシップ後半

・中間キャンプで考えた検証を実施し仮説を発見する
・現場スタッフに課題解決を提案し、フィードバックをもらう
5 事後キャンプ

事後キャンプ

・Social Innovation(SI)レポートの作成
・これまでの学習、経験、考察を日本語と英語でそれぞれまとめる
・二つの視点を比較し、読者にも共通理解を得られるレポートを作成する

CONTACT お問い合わせ